天気予報

29

20

みん経トピックス

岡崎で「被災地からの手紙」岡崎「茅葺屋敷」でひな人形

岡崎・南公園で「梅まつり」-約180本の梅林に紅白・大小の花、香り立つ

  • 0
岡崎・南公園で「梅まつり」-約180本の梅林に紅白・大小の花、香り立つ

22日から始まった「梅まつり」に早い春を堪能する市民

写真を拡大 地図を拡大

 岡崎・南公園(岡崎市若松町、TEL 0564-52-9095)で2月22日、「梅まつり」が始まった。

鮮やかな紅梅と白梅のコントラスト

 現在の開花状況は3分から5分咲きだが、梅の香りが梅林内に漂い、子ども連れの母親グループやカップル、熟年夫婦などが待ちわびた春を楽しんだ。

 梅林は同園内池の北側にあり、広さ約5000平方メートルに19種類186本の梅が植えられている。1月初めごろから咲く冬至梅(とうじばい)に始まり、3月中下旬が見ごろの白牡丹(はくぼたん)まで楽しむことができる。

 寒紅梅(かんこうばい)・薩摩紅梅(さつまこうばい)など八重・中輪で濃い紅色の花を咲かせる品種に混ざり、鶯宿(おうしゅく)・南高(なんこう)など一重で大輪の白い花も見られる。31本が植えられ同園で最も本数の多い見驚(けんきょう)は、咲き始めの淡い紅色から白花へと変化する大輪の八重咲き種もある。

 3月1日には10時からオカザえもん、14時にグレート家康公「葵」武将隊が来場する予定。土曜・日曜には大道芸の披露や臨時売店も出店する。

 開園時間は10時~16時。売店の営業時間は10時~15時。入場無料。同まつりは3月9日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング