天気予報

9

-1

みん経トピックス

岡崎にアートグッズショップ岡崎にステーキ&カフェ

岡崎で「家康行列」-家康公、四天王、親善都市女王やゆるキャラも

  • 0
岡崎で「家康行列」-家康公、四天王、親善都市女王やゆるキャラも

伊賀八幡宮から市中を巡り乙川河川敷までパレード

写真を拡大

 岡崎の中心街一帯で4月6日、「岡崎の桜まつり」最大の見どころ「家康行列」が繰り広げられた。

今年の徳川家康役はJAあいち三河代表理事組合長の天野吉伸さん

 徳川家康の命日が4月17日であることから、その日に最も近い日曜に開催する恒例行事。中断した年もあり今回で55回目になる。

 にわか雨が降るなど風が強く肌寒い日となったが、午後には雨も上がり、市中パレードと乙川河川敷での模擬合戦も無事行われた。

 家康公を中心に姫君や四天王など公募で選ばれた人たちのほか、奴(やっこ)隊、少年武者・少女隊など700人が市内を練り歩いた。四天王は馬に乗り、姫はパレードカーに乗って沿道の声援に笑顔で応えた。姉妹都市・親善都市などからも各地のミスなどがオープンカーに乗り手を振って声援に応えた。

 今年は愛知県で「技能五輪・アビリンピックあいち大会2014」(11月21日~11月23日「第35回全国アビリンピック」、11月28日~12月1日「第52回技能五輪全国大会」)が開かれることから、イメージキャラクターの「アイチータ」も登場。ご当地キャラの「オカザえもん」「てんかくん」「味噌崎城」も行列に参加した。

 「オカザえもん」には、トラックの高さを含めて2階建てほどの高さになる風船型の巨大なオカザえもんパレードカーがしつらえられ、遠くからも目を引いた。「オカザえもん」自身は電動立ち乗り二輪車の「セグウェイ」に乗って行列の中をスイスイと行き来しながらパレードした。

 パレードのコースは、伊賀八幡宮(伊賀町)を出発して康生北交差点を東に曲がる。籠田公園(籠田町)前を通り、伝馬交差点で再び南下。岡崎市役所(十王町)を通過して国道1号線を横断。明代橋で乙川を渡り、東岡崎駅(明大寺本町4)前で西に曲がる。明大寺本町交差点で北に曲がり再び乙川へ。距離にして約3.5キロを1時間半かけて練り歩いた。

 2015年は家康公没後400年に当たることから「徳川家康公顕彰400年記念事業」のほか、2016年は岡崎市が市制施行100周年を迎えるPRにもなった。

 行列全体が河川敷に到着するとフィナーレの模擬合戦が始まった。火縄銃や大砲が怒号を鳴らし、関ケ原の戦いで西軍の残党が家康公率いる東軍に一矢報いるといったストーリーで、忍者と武士たちの戦いが繰り広げられた。行列に参加した少年隊たちの援軍で東軍は勝利。最後に三河花火が上がり、観客から拍手が起こった。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング