天気予報

30

18

みん経トピックス

岡崎にパスタ専門店岡崎で東海道の名物団子再現

ご当地グルメ「岡崎まぜめん」初の土産商品に-東名美合PAなどで販売

  • 0

 岡崎のご当地グルメ「岡崎まぜめん」が持ち帰り土産用として初めて、6月9日から東名高速道路美合パーキングエリアなどで販売される。

サラダ風盛り付けなどしておいしく食べられる

 「岡崎まぜめん」は汁なしの麺・なたね油「赤水」使用・「八丁味噌」使用など八カ条の定義を守った麺料理。和洋中ジャンルは問わず、現在岡崎市内37店舗で食べることができる。

 「これまでは参加店やイベントに行って食べるしかなかったが、自宅や土産用に持ち帰って食べてもらえる」と吉田商事(豊橋市)広報担当の坂本剛一さん。

 太めの半生ちぢれ麺で、2食入り680円。たれ付き、具はなし。「コンビニなどで売っているサラダを載せて食べるのがお勧め」と話す。外箱には「オカザえもん」があしらわれる。同麺は「オカザえもん」が好きな食べ物と公言するご当地グルメで、本人の許可を得て掲載した。

 参加店100店舗を目指し2012年11月に始まったご当地グルメ企画「岡崎まぜめん」は店舗数に伸び悩みを見せており、給食や小売り商品などへの展開で認知を広める。「オカザえもん」は今年3月で岡崎アート広報大臣を退任したが、任期1年間の経済波及効果約42億5,000万円の力添えで同商品の売り上げアップにも期待がかかる。初年度2万個の販売を目指す。

 美合PAのほか、名鉄東岡崎駅サンコス岡崎店、シビコ(康生通西2)内オカザえもんストアなどで販売する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング