天気予報

26

15

みん経トピックス

岡崎南で巨漢整体メニュー岡崎1位は「特撮番組ロケ」

三河安城駅近くに雑貨店など併設カフェ-英国風庭園&ヤギ小屋も

  • 0
三河安城駅近くに雑貨店など併設カフェ-英国風庭園&ヤギ小屋も

手前は雑貨店。奥のカフェは2階一部を母体の住宅設計会社が使う

写真を拡大 地図を拡大

 三河安城駅と国道1号線の間に5月15日、カフェ「TEA HOUSE ANJO(ティーハウス安城)」(安城市、TEL 0566-71-1551)がオープンした。

人なつこい雄のコユキ(左)と雌のユキ(右)

 経営は「la CASA DELI(ラ・カーサ デリ)」。注文住宅や店舗の設計施工を手掛ける「la CASA(ラ・カーサ)」(名古屋市中区)が複合型施設「ラ・カーサ安城」として開設。ほかにはインテリアショップ「soup.Life Store(スープ ライフストア)」もテナント出店する。

 「ラ・カーサ安城」全体の敷地面積は約500坪。「TEA HOUSE ANJO」は2階建てで、延べ床面積は約100坪。席数は70席程度。駐車場は35台分を用意する。

 イギリス風庭園を設け、ハーブを育てたりオープンデッキにパラソルを並べたりと女性客に好まれる演出を施す。ヤギ小屋もあり、メスの「ユキ」とオスの「コユキ」の2頭を飼う。ユニークな形の椅子は遊具感覚で遊べて子どもたちの人気を集めている。

 「1日に150~170組のお客さまがある」と熊沢治樹店長。「多くの方にカフェを利用していただきながらラ・カーサの認知度が上がれば」と期待を寄せる。「7月には駐車場を増設する。夏にはバーベキューもできるようにする予定」

 「当社は家を造るのではなく暮らしをつくる」と熊沢さん。「デリを始めたのもそう。テナントのスープ ライフストアで販売している雑貨もそう。衣料を始めるかもしれない。当社と感覚の合うお客さまに衣食住の提案を行うい、満足してもらえる住宅設計ができれば」と意欲を見せる。

 ランチメニュー(水曜除く平日の10時~14時)はカレー(1,000円)、パスタ(1,200円)、メーンコース(1,350円)(いずれも税別)。いずれも5種類から選べるスープバーが付く。土曜・日曜・祝日(10時~15時)のブランチメニュー(1,100円)はプレーンパンケーキかロールパンケーキいずれかのセットから選べる。

 ドリンクでは紅茶に力を入れ、オリジナルブレンドティーは月の満ち欠けに合わせて「上弦の月」「満月」「下弦の月」「新月」(いずれも550円)を用意する。そのほかダージリン、アッサム、オーガニックウバ、アールグレイ、ラズベリーなどを取りそろえる。チャイ(600円)も用意。カップケーキやマフィン、スコーン、タルトなどスイーツも充実させる。コーヒー(400円)や各種ジュース、ビール、ワインの用意もある。

 2階の一部もカフェスペースとして使う。「当社は注文住宅の設計会社なのでモデルハウスを持たないが、生活提案の見本として公開している」。設計を希望する場合は予約の上、商談ルームで打ち合わせができる。

 営業時間は10時~22時。水曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング