天気予報

9

-1

みん経トピックス

岡崎で狂言を楽しむ会岡崎にネイルサロン

「おかざきコウエンナーレ」100日間始まる-ワルザえもんも登場

  • 0
「おかざきコウエンナーレ」100日間始まる-ワルザえもんも登場

「ワルザえもん」は「オカザえもん」のはとこだという

写真を拡大 地図を拡大

 岡崎公園(岡崎市康生町)内「岡崎城二の丸能楽堂」で7月26日、「おかざきコウエンナーレ2014」が始まった。オープニングセレモニーに新キャラクター「ワルザえもん」も登場し、開幕を盛り上げた。

いたぶられているように見えて実は「ワルザえもん」を利用する「オカザえもん」

 「おかざきコウエンナーレ」は、昨年岡崎市でも開催された「あいちトリエンナーレ2013」を盛り上げるために企画され、今年で2回目。花火大会(8月2日)を含む「岡崎城下 家康公夏まつり」(7月30日~8月3日)や秋の「岡崎ジャズストリート」(11月1日・2日)など100日間にわたり、土曜・日曜を中心に同公園のほか市内各所でさまざまなイベントを展開する。

 オープニングセレモニーには、「オカザえもん」に似ながらも鬼のような形相をした新キャラクターが登場した。名前は「ワルザえもん」。目は血走り、腕はロボットのようなカギ爪をしており、体は包帯で覆われている。胸部には「悪」の文字。本名は「岡崎 悪THE衛門之進(あくざえもんのしん)」といい、「オカザえもん」のはとこだという。角を除いた身長175センチという設定は「オカザえもん」(180センチ)より低く、「オカザえもん兄」(170センチ)との間になる。生年月日や年齢は不明。

 セレモニーには岡崎市長をはじめ、市議会議長、商工会議所会頭のほかグレート家康公「葵」武将隊から2代目家康公も出席した。式典に乱入した「ワルザえもん」は「オカザえもん」をいじめるが、家康公にいさめられいったん退散。家康公はテープカットで再び「ワルザえもん」を呼び込む優しさも見せた。

 セレモニーに続いて能楽堂では「オカザえもんのおともだち101人プロジェクト」も行われた。

 初日のこの日は、アイチータ(技能五輪・アビリンピックあいち大会)、い~わくん(岩倉市)、いが☆グリオ(三重県伊賀市)、いなッピー(稲沢市)、きーぼー(安城七夕まつり)、しまねっこ(島根県)、出世大名家康くん(静岡県浜松市)、タボくん(滋賀県)、ちっちゃいおっさん(兵庫県尼崎市)、のっぴー(のと里山空港)、はち丸(名古屋市)、道風くん(春日井市)が集まった。

 特撮ヒーロー番組の「グランスピアー」も来場。グレート家康公「葵」武将隊も加わり、すし詰め状態の能舞台で、舞台に上がりきらないキャラクターと一緒に「堪忍をどり」を全員で踊った。

 「オカザえもんのおともだち101人プロジェクト」は同能楽堂で毎月1回(8月16日、9月20日、10月4日、11月1日)、全国からご当地キャラやご当地アイドル、武将隊を招く。「ワルザえもん」は8月16日、9月20日のほか、同プロジェクトとは別に9月6日にも出没する予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング