天気予報

16

3

みん経トピックス

電源不要iPadスピーカー岡崎の家具店がリニューアル

東岡崎駅「ブラッセリー鐡」、女性おひとり様向けプラン提供

  • 0
東岡崎駅「ブラッセリー鐡」、女性おひとり様向けプラン提供

「駅近の大人の隠れ家として、女性も使ってもらえれば」

写真を拡大 地図を拡大

 名鉄東岡崎駅南口前の「ブラッセリー鐡(てつ)」(岡崎市明大寺町、TEL 0564-64-1056)は8月11日から、「女子おひとり様プラン」の提供を始めた。

接客中の相澤さん

 赤・白ボルドーワイン2杯と合鴨のスモーク、パスタ、サラダ、デザートのコースメニューで、料金は3,780円。「ワインはビールに変更することも可能。お酒が飲めない方にはソフトドリンクと食事で金額相当分のサービスをする」とオーナーの相澤隆清さん。

 「小さい店なのでお客さまの気持ちをくみながら接し、臨機応変に料理を提供する。女性が一人でも気兼ねなく来られる大人の隠れ家として利用してもらえれば」

 相澤さんは岡崎在住。2月まで相澤鐵工(井田南町)の専務を務めた後退社し、3月6日に同店をオープンした。「出張で各地へ行くと落ち着いてワインが飲めるいい店があるのに、岡崎には私が知る限りそのような店がなく困っていた」

 「大人が一人で行ける店を開きたいと思い、自分で店を持つことにした」と相澤さん。ブラッセリー(brasserie)はフランス語で、ビストロと同様に酒や料理を提供するレストランの一形態。「鐡」は長年務めた社名から付けた。

 店舗面積は7.5坪。席数はカウンター7席、テーブル6席。ボルドー色のカウンターなど店内の要所要所に赤を使う。

 駅前にありながらビルの2階にある同店。「女性が初めて入るには勇気がいるかもしれないが、家や職場とは別の自分に浸る場所として使ってもらえれば」

 営業時間は17時~24時(金曜・土曜は翌1時まで)。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング