天気予報

30

21

みん経トピックス

岡崎でなごやめしPR懇談会岡崎の旧花街で露店祭り

岡崎駅東口に「大庄水産」-名古屋に次ぎ県内2店目

  • 0
岡崎駅東口に「大庄水産」-名古屋に次ぎ県内2店目

愛知県内は名古屋市錦店に次いで2店目

写真を拡大 地図を拡大

 JR岡崎駅東口に9月19日、鮮魚料理居酒屋「大庄水産 岡崎駅前店」(岡崎市羽根町、TEL 0564-71-1724)がオープンする。

次々と魚を下ろし提供する板場

 店舗面積約60坪。カウンター9席、テーブル39席、座敷36席を備える。

 経営は「庄や」「日本海庄や」「やる気茶屋」「榮太郎」「中の濱」などを展開する大庄(東京都大田区)。「大庄水産」は全国で20店舗あり、愛知県内では錦店(名古屋市中区)に次いで2店目。

 店長の大井戸和久さんは横浜出身。西日本支社第二支部に就いて名古屋に住んで4年になるという。錦店の立ち上げに関わり、現在は別の社員に店長を任せ岡崎駅前店のオープンを引き受けた。

 「漁師町の番屋を意識して店内をデザインしている。鮮度を第一に漁港直送の魚と全国の酒を用意してお客さまをお迎えする」と大井戸さん。天井にはランプ風照明や漁網が飾られるほか、入り口にはいけすがありタイやアナゴなどの泳ぐ姿が見られる。

 オープン2日間は刺し身全品半額で提供。注文時間は17時~23時。刺し身十点盛り1,998円が925円になる。17時30分からは「まぐろ解体ショー」を実演披露する。

 ランチタイム営業は21日から。2日間限定でマグロ丼を540円で提供する。エビ天丼はワンコイン500円、日替わり定食=800円、すしセット=1,200円などもある。

 営業時間は11時30分~14時、17時~23時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング