天気予報

31

21

みん経トピックス

岡崎の中学生が地域考える岡崎で記念グラス限定発売

岡崎の珈琲豆専門店が「合格カップオンコーヒー」販売-受験生を応援

  • 0
岡崎の珈琲豆専門店が「合格カップオンコーヒー」販売-受験生を応援

「睡魔に負けるな!破って捨てろ!」などのメッセージ入り

写真を拡大 地図を拡大

 岡崎の自家焙煎珈琲(ばいせんこーひー)店「樹の香」(岡崎市東大友町、TEL 0564-34-4313)が、受験シーズンに合わせた新メニュー「合格カップオンコーヒー」の販売を始めた。

「睡魔に負けるな!破って捨てろ!」などのメッセージ入り

 価格は、6パックのドリップコーヒー1セット=777円。「受験生の運気がUPするよう願いを込めて、勝利の価格にした」と店主の小野賢次さん。

 コーヒーの袋には、「不安」「睡魔」「誘惑」「言い訳」「弱気」「失敗」の文字を入れ、受験生の「もう眠くて、耐えられない」という気持ちに合わせて、選べるようになっている。

 金色パッケージの「睡魔」「誘惑」「言い訳」は、気持ちに喝を入れるために、苦味を利かせたマンデリンを中心にブレンド。銀色パッケージの「不安」「弱気」「失敗」は、弱った心を優しく癒やす、やさしい味わいのモカを中心にブレンドしたという。

 「受験は、ストレスとの戦い。コーヒーは、休憩・癒やし・活性化を与えストレス発散に効果的だと言われている。コーヒーを入れる時間の休憩、漂う香りに癒やされ、味わいを楽しみ、ストレスとうまく付き合い受験を乗り切ってほしい」と小野さん。「受験宿泊時などにもカバンに入れて持って行ける手軽さがあり、丁寧に焙煎した新鮮なコーヒーは胃にやさしいので、受験生へのプレゼントにもお薦め」とも。

 2001年創業の同店は住宅街にあり、3席あるカウンターで試飲もできる。焙煎前の生豆の状態と焙煎後の2回、手作業で豆を選別し、常に鮮度のよい煎りたての豆を提供するため大量在庫を置かないという。コーヒーメーカーを使っておいしく入れられる豆の販売や出張コーヒー教室が好評を得ている。

 営業時間は10時~18時。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング