天気予報

16

3

みん経トピックス

岡崎に受験生応援コーヒー岡崎市が春キャン

家康公顕彰四百年記念のダブルウォールグラス、岡崎の企業が限定発売

  • 0
家康公顕彰四百年記念のダブルウォールグラス、岡崎の企業が限定発売

徳川家康公四百年記念グラス
世界でも認められるレイエスダブルウォールグラス

写真を拡大

 ダブルウォールグラス「RayES/レイエス」を販売するCIC(岡崎市大平町)が1月24日、「徳川家康公顕彰四百年記念事業」に合わせ、記念グラスを2015年限定で発売した。

徳川家康公四百年記念グラス

 ダブルウォールグラスはガラスが2層になっているため保冷効果があり、結露の発生を防ぐことができる。耐熱ガラスで作っているため保温効果もあり、素手でガラスを持っても熱くないのが特徴だ。

 同事業の目的について、同社社長の内田昌宏さんは「家康公が礎を築いた平和国家での循環型社会と文化の成熟期を再考し、その知恵を未来の日本、そして世界へ発信すること」と言う。

 今回、「徳川家康公四百年記念グラス」と同時に、フロストシリーズと葉の模様がデザインされたリーフデザインのグラスも新たに発売した。雲のような自然なデザインを、職人の手作りによって表現した。飲み口周辺はガラスそのままの空白のデザインにすることで、飲料を入れたときに二層構造の見た目も楽しめるのが特徴。「飲んだときに優しい口当たりを実感することができる」と内田さん。

 同社は日本初のダブルウォールグラウブランド。デザインから企画、販売まで手掛けている。「ハウスメーカー勤務時代に、大事な図面をコップの結露によって台無しにした経験から生まれ、窓に使われる複層ガラスにヒントを得た」と内田さん。

 現在は生産数の確保が難しいため、主にネット販売を行っている。職人の熟練度も向上し、生産数も確保できつつあるため、実店舗、飲食店、引き出物、ギフト展開も行っていく予定だ。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング