天気予報

11

-2

みん経トピックス

岡崎で開店一周年岡崎でゴスペルコンサート

家康公四百年祭 今年限りの祭り開催へ 

  • 0
家康公四百年祭 今年限りの祭り開催へ 

岡崎城まつり

写真を拡大

岡崎公園・多目的広場(岡崎市康生町)で10月30日から、徳川家康公顕彰四百年記念事業のメーンイベントとして、「家康公四百年祭岡崎城まつり~天下泰平(たいへい)ぶらり江戸散歩~」が開催される。同祭は今年限りの開催となる。

岡崎城まつり パンフレット

江戸の食・暮らし・娯楽をテーマに、家康公の軌跡を巡る同祭。目玉は幅18メートルの大型ドームテントを使った「家康公夢シアター」で、家康公の軌跡を360度映像で楽しむことができる。臨終間際の家康公が人生を振り返る物語となっている。毎時3回、約10分間の映像を上映。定員は各回200人。

「彩・食・健・美の食市場」では、4種類日替わりの天下泰平鍋(800円)を用意。鍋の底には葵(あおい)の紋があり、食べ終わった後は鍋をお土産として持ち帰ることができる。30日の前夜祭に限り、4種類の天下泰平小鍋(200円)も販売。他にもみそをメーンとした料理20種類以上を用意する。

「おかざき大江戸座」は江戸の文化・娯楽を伝えるステージイベント。「はんにゃ」をはじめとする出演者の他、長唄、舞妓(まいこ)、子どもたちによる伝統芸のステージを予定している。

開催時間は10時~20時(初日は16時~、最終日は17時まで)。11月3日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング