天気予報

11

3

みん経トピックス

東岡崎にダイニングバー移転岡崎城下で七五三参り

岡崎・乙川の殿橋のたもとに野外バー出現 

  • 0
岡崎・乙川の殿橋のたもとに野外バー出現 

パーラーニューポートビーチの夜の様子

写真を拡大

 岡崎市内を流れる乙川(おとがわ)に架かる殿橋のたもとに8月27日、「パーラーニューポートビーチ(乙川殿橋南側欄干テラス)」が期間限定でオープンした。

 乙川河川敷の有効利用のために作られた同店は、岡崎市の姉妹都市であるアメリカ西海岸に位置するカリフォルニア州ニューポートビーチの「オルタナティブかつサスティナブルなライフスタイル」をイメージして作られたという。

 空間には2種類の席を用意。欄干を使ったカウンターからは、岡崎市のシンボルである岡崎城を望む乙川の景観を味わうことができる。「晴れた日の夕暮れ時には最高のサンセットを見ることができるのでお薦め」と同店責任者の川浦素詳さん。河川敷デッキ(乙床-OTODOKO-)からは川面を眺めることができる。

 メニューのオリジナルスパイスで漬け込んだ「熟成ジャークチキン」(680円)は鉄板で焼き上げている。程よい酸味と甘さで爽やかに仕上げた「自家製ミントのモヒート」(600円)は、自家栽培している香りの強いスイスリコラミントを使っている。

 カリフォルニア州ニューポートビーチの雰囲気を架空で再現するため、店内に流れるBGMにもこだわりを見せる。「空間に溶け込む気持ちの良い音楽やジャズを流している」と川浦さん。「壮大な社会実験という大義の中、日々成長するより良い空間を創り、お客さまをおもてなしできれば。夢は、本場のニューポートビーチに呼んでもらえるくらいのクオリティーを引き出すこと」とも。

 営業時間は16時~21時(土曜・日曜・祝日が13時~)。水曜定休。11月6日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング