天気予報

16

3

みん経トピックス

三河湾佐久島で太鼓フェス八丁味噌蔵にCOP10記者

岡崎市こども自然あそびの森、10月1日オープンへ-愛称は「わんPark」

  • 0
岡崎市こども自然あそびの森、10月1日オープンへ-愛称は「わんPark」

4万6,000平方メートルの敷地に、木製遊具や「星の観察広場」「どろんこプール」などが作られている。

写真を拡大 地図を拡大

 「男川(おとがわ)やな」近くの里山に10月1日、自然体験型施設「岡崎市こども自然遊びの森」(岡崎市淡渕町、TEL 0564-82-3511)がオープンする。愛称は「わんPark」。

木製遊具「クモの巣ネット」で遊ぶ子どもたち。

 同施設は、蛇行する男川の曲線が作り出した地域で、広葉樹林で囲まれた高台という地形を生かし整備された。市が推進する「おかざき水とみどりの森の駅」の5カ所目の拠点となる。

 広さは4万6,000平方メートル。芝生広場、冒険の森(冒険ツリーハウス、丸太ジャングルジム、クモの巣ネット)、昆虫の森(木の迷路、花の迷路)、実りの森(どろんこプール)などのゾーンに分かれる。芝生広場では段ボールなどを使って芝生滑りができる。管理事務所棟の「わんぱくハウス」は学習室や更衣室として利用可能。

 「泥んこ遊び、虫取り、木登りなど、五感を使って自然の中で遊んでほしい」と市環境部自然共生課担当者は期待を寄せている。

 今月30日には、ミツバツツジ、ヤマザクラ521本の木を記念植樹する。10月2日・3日はオープニングイベントとして、自然愛好家でタレントのジョン・ギャスライトさんと遊ぶ「わんPark魅力発見ツアー」「泥んこ綱引き大会」などが行われる。

 営業時間は、3月1日~10月31日=9時~17時、11月1日~2月末日=9時~16時。定休日は火曜(祝日の場合は翌日)と年末年始(12月28日~1月4日)。入場無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング