天気予報

11

-2

みん経トピックス

幸田町エコキャラ名称決定三河湾佐久島太鼓フェス盛況

岡崎のかりんとう工場に直売店併設-「できたてかりんとう」販売へ

  • 0
岡崎のかりんとう工場に直売店併設-「できたてかりんとう」販売へ

これまでも近所の人たちが買いに来ていたが、店構えを設け販売時間を明示した。

写真を拡大 地図を拡大

 岡崎のかりんとう専業メーカー「中田屋」(岡崎市能見通、TEL 0564-21-3057)が10月5日、直売店「三州菓子工房 中田屋」をオープンした。

店内の様子。

 中田屋は1922(大正11)年創業。現社長の伊與田晃浩さんはいったん大手自動車メーカーに就職するも、「商売人の血筋なのか、サラリーマンは性に合わなかった」と1997年に両親が経営するかりんとう工場へ入社した。「家業を継ぐなど思ってもいなかった」と笑顔で話す。

 2000年に工場を建て替え、OEM中心の製造から徐々に自社ブランドの製品を増やしてきた。直売店の構想は「3年ほど前からあった」という。今回「中田屋ブランド」を確立すべく、1階事務所を改装し直売店にした。「本来かりんとうは製造後、乾燥させてから袋詰めするもの。できたての温かいかりんとうを味わってもらうため、あえて工場一角での販売を選んだ」。直売店の広さはわずか2.5坪ほど。「最近は空前のかりんとうブーム。東京の有名店でも狭い店舗で繁盛している。広さは関係ない」という。

 主な商品は「八丁味噌」味をはじめ、きんぴらごぼう、豆乳、ゆず、そば、しお、野菜、ごま、大豆など12種類。これから新商品も出していく。すべて店頭直売特別価格で130グラム入りの「巾着しばり」が各200円、70グラムの小袋パック=各150円。10月5日~7日の3日間は購入客先着100人に「できたてかりんとう」1袋を進呈する。

 伊與田さんは「地域オンリーワンの魅力を持つ店を目指す。岡崎といえば『中田屋のかりんとう』と言われるくらいになりたい」と意気込みをみせる。

 営業時間は10時~16時(「できたてかりんとう」の販売は10時~12時)。土曜・日曜・祝日定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング