天気予報

19

12

みん経トピックス

服部幸應さん、岡崎で講演岡崎で還暦デザイナーが個展

岡崎の食品メーカー、「うかりんとう」限定販売-合格シール付き、話題に

  • 0
岡崎の食品メーカー、「うかりんとう」限定販売-合格シール付き、話題に

受験シーズン真っ盛りの1月中の土曜・日曜、岩津天神で「うかりんとう」を出張販売。

写真を拡大 地図を拡大

 岡崎の食用油・食品メーカー、太田油脂(岡崎市福岡町)が1月9日(大安)から期間限定で発売した「うかりんとう」が話題を集めている。

 もともと自社製品の食用油を原料に使用して製造したかりんとうやせんべいなどを販売していた同社。受験シーズンに合わせて、「かりんとう」を新たなネーミングで売り出した。「うかりん=受かりん」は三河地方の方言で、標準語で「受かってね」という意味になる。

 そのほか、糖分は脳を刺激し眠気覚ましになることから「甜菜(てんさい)」や、α-リノレン酸を豊富に含み脳の細胞膜を形成する役割があるという「えごま」を使う。ラベル部分には絵馬と同じ五角形で縁起のいい「五角→合格」シールがおまけに付く。

 1月中の土曜・日曜には、岩津天満宮(岩津町)で「うかりんとう」を出張販売。学問の神様、菅原道真公を祭った天満宮として、三河地方では最も有名な神社のため、この時期多くの受験生が合格祈願に訪れる。

 1袋80グラム入り。今シーズン8,000袋の出荷を見込んでいる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング