天気予報

16

3

みん経トピックス

西三河で防災情報配信広がる岡崎で山菜の出荷が最盛期

グレート家康公「葵」武将隊-三河武士のやかた家康館前で初出陣

  • 0
グレート家康公「葵」武将隊-三河武士のやかた家康館前で初出陣

出陣式で初めての演武を披露するグレート家康公「葵」武将隊

写真を拡大 地図を拡大

 岡崎版観光PR武将隊(グレート家康公「葵」武将隊)の出陣式が4月30日、岡崎公園内「三河武士のやかた家康館前」(岡崎市康生町)で行われ、初めて演武を披露した。

パラパラを取り入れたダンス「堪忍をどり」も披露。作詞作曲振り付けは西川流3世家元の西川千雅さん

 柴田紘一岡崎市長、柴田泉岡崎市議会議長は甲冑(かっちゅう)姿で出席。大村秀章愛知県知事も錦陣羽織で祝辞を述べた。ZIP-FMのナビゲーターで甲冑に詳しいクリス・グレンさんやヨースケさんらも応援に駆け付けた。

 一般公募で決まった徳川四天王は、井伊直政=岐阜県養老郡出身の岩田将臣さん(23)、榊原康政=名古屋市千種区出身の吉田裕貴さん(28)、本多忠勝=豊明市出身の森下敏弘さん(27)、酒井忠次=一宮市出身の竹原大二さん(26)の4人。

 お付きの武将にも名前と役どころが決まり、井伊隊与力平岩親吉=一宮市出身の山口雅也さん(30)、榊原隊与力渡辺守綱=千葉県市川市出身の八ヶ代大輔さん(27)、本多隊与力稲姫=岡崎市出身の山田花織さん(20)、酒井隊与力服部正成=丹羽郡大口町出身の元井康平さん(24)の4人が演じた。早くも歴女(=歴史好きの女性)がイケメン武将隊にくぎ付けになっていたほか、唯一の女性武将「稲姫」に岡崎市出身の山田さんも凛々(りり)しい姿ながら投げキッスをするなど観客を魅了した。

 家康公はプロモデル・俳優の小澤寛さん(61)が演じる。若武者に守られどっしりとした家康公だったが、観客からの質問タイムにボケを演じてみたり、総合演出家の西川千雅さんによる作詞作曲振り付け「堪忍をどり」ではパラパラを踊ったりする一幕も。

 武将たちは紙製の甲冑を身に着け、演武やダンスを軽やかにこなした。14時から約30分間の演武の後には握手会も行われた。

 今後、来年3月末までの毎週土曜・日曜・祝日には11時と14時の2回、演舞を披露する。(雨天時は二の丸能楽堂)5月の連休中は2日も演武を2回披露。5日は11時からの演武は行うが、14時からは同園内の能楽堂で「『葵』武将隊と楽しむ『はじめての能』」に参加するため演武は行わない。

 平日は武将隊のうち1人以上が常駐し、観光客との記念撮影に応じたり園内を練り歩いたりして観光客と触れあう予定。

 同園内への入場・武将隊演武の観覧は無料(三河武士のやかた家康館や岡崎城などへ入場する場合は入館料が必要)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング