天気予報

18

14

みん経トピックス

岡崎の家具工房移転1周年岡崎西友にナムコゲーセン

岡崎のバーに「スロットカー」コース-専門店とコラボ、大人の遊び場に

  • 0
岡崎のバーに「スロットカー」コース-専門店とコラボ、大人の遊び場に

「コーステーブルでは飲食禁止」だが、スロットカーの飲酒運転なら大丈夫

写真を拡大 地図を拡大

 岡崎・奈良井公園近くのバー「リザベーション」(岡崎市竜美中2、TEL 0564-0564-53-0020)に7月2日、スロットカーコースがお目見えした。

畳2枚分ほどの広さに、2レーンが備え付けられる

 スロットカーは、スロット(溝)を切ったコースに模型自動車を走らせて競うゲーム。店内には長さ約12メートルで2レーンのコースを設置した。(32分の1サイズ規格用)。「倉庫として使っていたスペースの壁を取り払い、テーブル1卓分と合わせた広さをスロットカーコースに充てた。来店客が多いときには片付けて席を増やすこともできる」と店主の成瀬敬実(たかみ)さん。

 コース使用料は10分100円。1時間使用で500円になる。スロットカーは1日300円で貸し出す。店内に展示するスロットカーを販売するほか、スロットカーを持参すればコース使用料だけで楽しめる。

 コース設置のきっかけは、スロットカー専門店「Mames(マメズ)」(保母町)の店主・前島斉さんが成瀬さんにコース設置の話を持ち掛けたこと。「前島さんとは私が独立する前の店以来、17~18年の付き合いになる。今年2月に彼が『マメズ』を開いたことで、私もスロットカーで遊ぶようになった」と話す。

 バーは2009年11月に開店。成瀬さんが10年ほど前、アメリカに旅行した際にモニュメントバレーなど雄大な自然やネーティブアメリカンの文化に感銘を受けたことから、先住民保留地という意味の「Reservation」を店名にしたという。

 店内はアメリカ西部やメキシコのバーの雰囲気を醸し出す。主なメニューは、タコス(2個セット)がグランドビーフ(700円)、チリビーンズ(800円)、ナチョスはフリオーレ、ワカモーレ(以上630円)など。各種バーボンは1杯500~600円、テキーラは500円からで、「ボルフィディオ・アネホ」(1000円)などから選べる。生ビールは500円。

 「バーで大人が遊べるぴったりなゲームだと思った。真剣にレースをするもよし、お酒を飲みながらスロットカー談義に花が咲くもよし。スロットカーを通じてお客さまと交流が深まれば」と期待を寄せる。

 営業時間は19時~翌2時。火曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング