天気予報

9

-1

みん経トピックス

岡崎で地域ビジネス創出講演岡崎旧家でまちづくり語る会

岡崎に「東部地域交流センター むらさきかん」-東西南北4館そろう

  • 0
岡崎に「東部地域交流センター むらさきかん」-東西南北4館そろう

国道1号線と名鉄藤川駅に挟まれた好立地にある「岡崎市東部地域交流センター」

写真を拡大 地図を拡大

 藤川町の国道1号線沿いに8月25日、「岡崎市東部地域交流センター」(岡崎市藤川町、TEL 0564-66-3066)がオープンした。愛称は公募で「むらさきかん」と付けられた。

ステージではキッズダンスや吹奏楽、当地伝承神事などが披露された

 敷地面積は約5400平方メートル、敷地面積約2170平方メートル。簡易ステージを備えた活動室が6室(分割使用の場合8室)あるほか、調理室、印刷工房、授乳室完備のプレールームなどがある。駐車場は82台分を用意。名鉄藤川駅前にあり交通の便もいい。

 初日は記念式典やパネルディスカッションに続き、ステージイベント、活動室やロビーでの展示が行われ、地域の農産物などの販売や屋台も並んだ。

 岡崎市が公益的活動に取り組む5人以上の団体と認める市民活動団体であれば、1室利用が全日(9時~21時)=1,080円~8,280円になるほか、その他の団体や企業は同2,160円~1万6,560円で利用可能。午前(9時~12時)、午後(13時~17時)、夜間(18時~12時)など利用時間帯や活動室の広さによって各種料金を選べる。8月28日~9月9日は各室が無料で利用できる。

 「むらさきかん」の愛称は同町のシンボル「むらさき麦」と町名の藤色にちなんでいるという。北部地域交流センター「なごみん」、同南部「よりなん」、同西部「やはぎかん」に続き同東部「むらさきかん」が完成したことで市内東西南北に4つの地域交流センターがそろった。

 開館時間は9時~21時。月曜休館(祝日の場合翌火曜休館)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング