天気予報

26

15

みん経トピックス

岡崎でコスモス・枝豆まつり岡崎武将隊らティッシュ配り

岡崎で「愛知県畜産フェスタ」-2200人に無料バーベキュー振る舞う

  • 0
岡崎で「愛知県畜産フェスタ」-2200人に無料バーベキュー振る舞う

無料バーベキューの肉を取り分けるスタッフの皆さん

写真を拡大 地図を拡大

 岡崎・中央総合公園南の「愛知県畜産総合センター」(岡崎市丸山町1)で10月13日・14日、「愛知県畜産フェスタ」が行われた。

2日間で和牛400人分、豚1800人分のステーキ肉を無料で振る舞った

 愛知県産の黒毛和牛や豚がバーベキューで無料試食できるとあって、整理券配布には行列ができた。子どもたちは、乗馬体験(13日のみ)やヒヨコやウサギと触れ合えるコーナー、バスケットのゴールが9つあるフリースローゲームのほか、竹馬などさまざまな無料ゲームや遊びで楽しんだ。

 施設内の「ふれあいドーム」では肉、卵、乳製品や蜂蜜の試食や販売もあった。畜産の展示紹介や競馬のPRではオッズの仕組みなどを説明。模擬競馬体験では勝ち馬を当て賞品がもらえることから、熱くなって参加する来場者の姿が見られた。

 研修館では親子料理教室でソーセージ作りができ、ゆで上がったソーセージを持ち帰る人もいた。

 同センターは、岡崎の畜産総合センターが本場(ほんじょう)で、ほかに、安城市の種鶏場と豊田市の段戸山牧場の3カ所から成る。主催者構成団体の一つ、愛知県畜産協会畜産振興課の柴田良一課長は「創設の歴史は大正時代にさかのぼるが、イベントが現在の名称になったのは1991年から。毎年5000人~6000人の人たちが来てくれる。楽しく愛知県の農業・畜産に関心を持ってもらえれば」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング