天気予報

16

3

みん経トピックス

岡崎で開通前新東名で絵描き岡崎朝市に「オカザえもん」

「岡崎SAMURAIサミット」、秋田・埼玉などから武将隊6組そろう

  • 0
「岡崎SAMURAIサミット」、秋田・埼玉などから武将隊6組そろう

エンディングにそろった武将隊(姫隊、後三年、忍城、長久手と葵武将隊)

写真を拡大 地図を拡大

 岡崎公園(岡崎市康生町)内「三河武士のやかた 家康館」前に11月16日、県内外から武将隊が集まった。

ゲームなどで観客を楽しませながら、武将同士の交流も深めた

 「岡崎SAMURAIサミット」と題して、「あいち戦国姫隊」「清須城武将隊桜華組」「長久手歴史トラベラーズ」のほか、秋田県から「後三年合戦絵詞」、埼玉県行田市から「忍城おもてなし甲冑(かっちゅう)隊」の5組が来岡し、「グレート家康公『葵』武将隊」が出迎え6組の武将隊が勢ぞろいした。

 各武将隊が入れ替わり、一日中ダンスやトーク、クイズゲームなどパフォーマンスを披露。平日金曜にもかかわらず大勢のファンが集まり声援を送った。お目当ての武将に目を輝かせながら「初めて秋田県の『後三年合戦絵詞』を見たが好きになった」と話す「歴女」も。

 この日参加できなかった岐阜県関ケ原町の「関ケ原東西武将隊」から島左近も電話で乱入。激励メッセージを送った。武将ではないが「岡崎アート&ジャズ2012」の出品作品ながらシンボル的な存在になっている「オカザえもん」も応援に駆け付けた。

 エンディングでは姫隊、長久手トラベラーズ、忍城おもてなし甲冑隊、葵武将隊の4組がコラボ。ゲームや一緒にダンスを披露した。記念撮影には後三年合戦絵詞も記念撮影に加わった。徳川家康公は「皆さまが各地の歴史を知るきっかけになってもらえれば。武将隊同士交流を深め、街・日本全体が盛り上がっていくといい」と締めくくった。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング