天気予報

26

21

みん経トピックス

三河国サムロックがライブ「三河国サムロック丼」好評

「岡崎の水 額田仙水」発売開始-水道週間に合わせてパッケージ一新

  • 0
「岡崎の水 額田仙水」発売開始-水道週間に合わせてパッケージ一新

岡崎市水道局によると「日本茶の味を引き立て、コーヒー、料理や炊飯にも合うまろやかな軟水」だという。

写真を拡大 地図を拡大

 岡崎市水道局は6月1日、ペットボトル飲料水「岡崎の水 額田仙水」を発売する。

 同日から始まる水道週間に合わせて水道事業のPRと災害備蓄意識の向上を期待して販売する同飲料水。岡崎の「鳥川ホタルの里湧水群」が2008年に「平成の水百選」に選ばれたことを記念し、飲料水としてボトル詰め販売を開始した。以来3回目のパッケージデザインとなる。

 鳥川浄水場で、0.1ミクロンのセラミックフィルターでろ過した水を、塩素除去と加熱処理を行いペットボトルに詰めている。賞味期限は2年間。

 1本の内容量は500ミリリットルで、1箱24本入り。価格は2,000円で、特典として6リットルサイズの給水袋1袋が付く。6月1日~7日の水道週間中に限り、市内男川・仁木・六供の各浄水場でも販売する。

 市役所売店、岡崎公園内観光売店、桑谷山荘、奥殿陣屋では1本100円で販売する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 岡崎の市民団体「8830(はちはちさんまる)」(岡崎市籠田町)が2月12日、寒さが厳しくなるシーズンに合わせて「ミソスープスタンド」をオープンした。コーヒーのように一杯ずつハンドドリップしたみそ汁を提供する。  康生のショッピングセンター「シビコ」1階の空き店舗を活用し、9時30分~11時30分の時間帯にモーニングとして500円のゆでたまごセットと600円のたまごサンドセットを販売する。写真はゆでたまごセット(500円)
[拡大写真]

アクセスランキング